関東からアクセス抜群の位置にある魅力的な山梨県を紹介

圏央道開通でアクセスが飛躍的に良くなりました

山梨県は、東京から中央高速・中央本線・国道20号を使って気軽に行く事が可能な地域になっていますが、近年では関東を環状に結んでいる圏央道が神奈川・埼玉方面に開通した事によって、それらの地域からも短時間で行けるようになりました。日帰りで行ける距離であるものの、泊まりで行く事で多くの山梨の観光地を巡る事が出来るので、温泉付民宿やホテルに宿泊する事をおすすめします。

山梨の観光は食が魅力的です

山梨の観光は、甲府盆地の笛吹市・山梨市・甲州市におけるフルーツ狩りが非常に有名で、これらのエリアでは桃とぶどうを夏から秋まで楽しむ事が可能です。従来品種の巨峰が食べられるのはもちろんであり、近年人気のシャインマスカットを食べられる農園が増加しています。秋になってくると、県内で収穫したぶどうを使ってワインが楽しめるシーズンになるので、電車やバスで行ける甲府・甲州などにあるワイナリーを訪れてみましょう。

山梨県は、麺文化が発達している地域である事から、甲府盆地近辺のほうとう・富士吉田市周辺の吉田のうどんが大変有名であり、ほうとうは和食レストラン・吉田のうどんは一般的な家屋の佇まいの店で食べる事が出来ます。ほうとうが食べられる飲食店は、馬刺し・甲州とりもつ煮(内臓肉を甘辛く煮たもの)といった山梨定番のメニューも提供しています。なお、吉田のうどんは昼営業のみを行っている店舗が多くを占めている事から、13時台までには店に着いておくようにしましょう。

フライアゴーでたのしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です