山形市を旅する際のおすすめスポットは何処?

山形県山形市の位置やアクセス情報

山形市は山形県東部に位置する自治体で、東側は宮城県仙台市・川崎町と接しています。市の中央部に位置するJR山形駅は山形新幹線の停車駅で、新幹線「つばさ」に乗車すると東京駅からの所要時間は最短約2時間40分です。また、仙台駅と山形駅を結ぶJR仙山線が通っているため、仙台から旅行に向かう場合は福島駅を経由する必要はなく、仙山線快速に乗ると75分で到着します。さらに市内を2つの高速道路が通っていて多数のICがあるため車でもアクセスしやすい地域です。市内各所に魅力的な場所があるため、山形市を旅行してみませんか?

山形駅周辺の名所情報

電車や新幹線で旅行に来たものの、あまり時間がない関係で郊外エリアに行くのは難しい場合は山形駅そばの名所に訪れてみてください。山形市とは中世に山形城が建てられて周囲に城下町が形成されていった事が今日の繁栄の礎となっている街です。駅のそばに位置する霞城公園内には、山形城の天守閣は現存していないものの石垣・趣ある外観の門などが残っています。また、公園敷地内の山形県立博物館では山形の歴史・文化を学ぶ事が出来るほか、貴重な土偶・化石などを間近で鑑賞する事が可能です。

山寺駅の北側に広がる立石寺

JR仙山線の駅である山寺駅の北口には立石寺(通称=山寺)という寺院があり、敷地内には大仏殿・芭蕉句碑・寺院内神社など様々なものがあります。山を登って一番上の大仏殿のあたりまで行くと展望台から素晴らしい景色を楽しめますので、寺院・神社巡りが好きな人や絶景スポットを探している人におすすめです。

フライアゴーでたのしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です