バリ島観光の大定番!おすすめのバリ・ヒンドゥー教の寺院3選

美しい夕日に感動…タナロット寺院

バリ島のツアーに必ずと言っていいほど組み込まれているタナロット寺院。島内には1万以上の寺院がありますが、その中でもトップクラスの人気を誇っています。一番の見どころは何といっても、夕日が沈むサンセットの風景です。オレンジ色に染まる海と、神秘的な雰囲気の寺院が織りなす景色は、短い時間で終わってしまいますが、一度は訪れたい場所です。

海岸近くの岩の上に建てられたタナロット寺院は、満潮時には海に浮かぶ小島のようになります。干潮時には寺院に続く道が現れて、歩いて渡ることができます。サンセットの時間帯には観光客で混み合い、物売りの数も多くなるので、複数回訪れる時間の余裕がある方は、時間をズラして訪れてみてはいかがでしょうか。

総本山の威厳を感じる!ブサキ寺院

バリヒンドゥー教の総本山であるブサキ寺院。バリ島最高峰のアグン山の麓に建てられた、たくさんの寺院が集まっている複合寺院です。バリ島の寺院独特の「割れ門」と、そこに続く長い階段が迎えてくれます。普段はほとんど観光客しかいませんが、いずれかの寺院で「オダラン」と呼ばれるお祭りが行われていれば、現地の人々でごった返します。オダランでは、美しく着飾った現地の人々と、色とりどりのお供え物、独特の音楽を楽しめます。

インスタ映えならここ!タマン・アユン寺院

バリ島で2番目の規模を誇るタマン・アユン寺院。この寺院の特徴は、何層もの屋根が重なった「メル」と呼ばれる塔建築です。一番高い塔は11層もの屋根が重ねられています。元々王家の寺院だったタマン・アユン寺院は、バリ島でいちばん美しい寺院と評されていて、他の寺院とは一味違う凛とした雰囲気を感じることができます。

フライアゴーでたのしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です