ドラマを見て川越に魅了された人におすすめのスポットとは?

ドラマ効果で川越の観光需要が一気に高まる

2009年春から秋までの半年間、日本の公共放送制作の川越を舞台とする朝の連続ドラマが放送されました。本川越駅北側の蔵造りの街並みの中にある店に関する物語で頻繁にロケが行われ、ドラマを通じて全国の人達に川越の独特な街並みが知れ渡ります。その時期に西武鉄道は様々な形で、川越は西武新宿駅から特急に乗ると短時間で直通の街である事を東京の人たちにPRしました。その結果、週末や大型連休に日帰り旅行で都心から川越に行く人が激増し、メディアもこぞって川越の特集を組むようになり、観光地としてブレイクします。

2010年代に入ると全国から観光客が来るようになった

2010年に入って川越の人気が落ち着くような事はなく、テレビの旅番組や情報番組等で川越ロケが行われる事が激増しました。それによって川越は埼玉県最大級の観光地の一つにまで成長し、今では首都圏在住者だけでなく全国から観光客がやって来ます。

江戸時代にタイムスリップした気分になれる!

2009年の連続ドラマ内で映っていた蔵造りの街並みは人工的に作られたセットではなくて実在します。明治時代にこの地域で大火災が発生したのを機に、火災で建物が焼失する事がないように道沿いの各店舗が頑丈な蔵造りの建物を建てた事により、今の姿となりました。正確には江戸時代の街並みがそのまま残っているわけではないものの、雰囲気的には江戸時代の街のような雰囲気があり、川越は「小江戸」の愛称で知られます。1999年には国の重要伝統的建造物群保存地区に選ばれた事もあって今でも古風な街並みが保存されており、江戸時代あたりにタイムスリップした気分になれると評判です。

フライアゴーでたのしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です