ストリートファッション好きの人が旅行で原宿に行くなら裏原宿へ!

ストリートファッションの聖地

1990年代に入って、ストリートファッション情報に特化した雑誌が次々に創刊されました。そして、原宿駅周辺のあるエリアにはストリート系ファッション誌に登場するブランドの直営店が続々オープンします。そのエリアは原宿駅周辺の華やかなエリアとは対照的に目立たなかった場所だった事もあり、「裏原宿(裏原・ウラハラ)」と呼ばれ始めました。トップブランドの直営店がたくさん出店するようになってからは若者がこのエリアに集まり始めて、ストリートファッションの聖地と呼ばれるようになっていきます。

裏原宿は原宿のどの辺?

JR原宿駅の東口には原宿または裏原宿という地名は存在しません。そのため、どこからどこまでが原宿or裏原宿であるのかはあいまいなところがあります。ただし、一般的には明治通りの西側・表参道の北側、つまり竹下通りの周辺エリアが原宿エリアとして扱われている傾向です。一方、裏原宿とは、明治通りの東側・表参道の北側エリアの事を言い、細かく言うと神宮前3丁目・4丁目の西側エリアが「裏原宿」として扱われています。

今でもストリート系の衣料店が多い

2000年代後半あたりからストリート系ファッション文化は衰退気味のため、裏原宿エリアには昔ほど沢山のストリート系ファッションブランドの直営店はありません。それでも、1990年代から残る日本のトップブランドの直営店・世界的ストリートブランドの支店をはじめとして今でも多数のストリート系衣料店(新品系)が残っています。さらに、安くて良い商品を扱う古着店が増えていていますので、ストリートファッション好きの人が東京まで旅行で来た場合は是非こちらで店巡りをして衣料品を買ってみてください。

フライアゴーでたのしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です